糖尿病患者へのミカルディス投与の医学的な有用性

ミカルディスはアンギオテンシン受容体拮抗薬(ARB)という分類に属する高血圧治療薬です。ARBに他にオルメテック(オルメサルタン)、ブロプレス(カンデサルタン)、ディオバン(バルサルタン)などが代表例として挙げられます。ミカルディスの有効成分テルミサルタンは、レニン―アンギオテンシンーアルドステロン系と呼ばれる循環機能を調節する機構を阻害します。詳細に説明すると、アンギオテンシンが副腎皮質のAT1受容体に結合することで、アルドステロンと呼ばれるホルモンの分泌を促進し、血圧は上がるのですが、このAT1への結合を競合的に阻害することによって、血圧を下げる方向に働きます。
このミカルディスは、カルシウム拮抗薬とともに高血圧治療の初期から積極的に治療に使われる薬です。なぜならミカルディスをはじめとするARBには臓器保護作用といって、血圧上昇によって負担のかかる心臓や腎臓への負担を軽減し、生命予後を改善する働きが医学的に認められているからです。降圧効果はカルシウム拮抗薬より劣るものの、そういった理由で、積極的に使用されています。また心臓や腎臓への負担は、糖尿病など他の生活習慣病と合併することでさらにリスクが高まります。特に糖尿病に関しては動脈硬化を誘引し、糖尿病性腎症を引き起こし、特に腎臓への負担が問題視されます。ミカルディスは末梢の毛細血管を拡張させることに長けており、このような末梢臓器の保護には医学的に有益と考えられます。実際に高血圧症の治療ガイドラインにおいては、その医学的根拠が認められ、糖尿病を合併する高血圧症患者に対してはARBを第一選択薬として積極的に使用するよう推奨されています。