ミカルディスの服用と生活習慣病と痴呆症との関係

ミカルディスの有効成分はテルミサルタンというもので、これはアンギオテンシンレセプターインヒビター(ARB)と呼ばれる血圧降下剤の1つです。オルメテック、ディオバン、ブロプレスもこの分類に属しています。ミカルディスは副腎皮質球状層のAT1レセプターを競合的に阻害することによって、レニンーアンギオテンシンーアルドステロン系の働きを抑え、循環血液量の減少、および交感神経の興奮を抑制することによる血管拡張を起こし、血圧を下げます。このミカルディスの特徴として、副作用発現頻度が少なく、他剤との併用も問題になりにくく、安全面の信頼性が高いメリットがあります。また動脈硬化を改善する効果が高く、カルシウム拮抗薬と動脈硬化の数値の改善を比較したところ、ミカルディスが有意に動脈硬化を改善するというデータも存在します。
ところで生活習慣病は高血圧をはじめ、他にも糖尿病、脂質異常症などが挙げられます。これらは食事や運動などの生活習慣が悪い場合に発症リスクが上がります。この生活習慣病によって、動脈硬化が進展し、脳梗塞、脳内出血、心筋梗塞、腎不全などを引き起こす恐れがあります。中でも脳血管障害性痴呆症となると、認知機能が低下し、その後のQOLも低下してしまいます。ただ脳血管障害性痴呆症は脳血管障害が起こらないと発現しないため、脳血管障害が起こらないように生活習慣病の治療を積極的に行う必要があります。
ミカルディスはこの生活習慣病による脳血管障害性痴呆症の予防には最適のお薬と言えます。なぜなら前述の通り、動脈硬化の改善効果が他の高血圧治療薬より優れているからです。実際、糖尿病や脂質異常症を伴う高血圧症に対してはミカルディスなどのARBが積極的に使用されています。