薬剤師が毎回ジェネリックを勧めてくるのは何故?決まり?

今般の日本医療においては、高齢化社会の到来に伴い、危機的状況に陥っているといわれています。
医療費増大の問題が大きなインパクトを持つようになってきました。
もはや、この医療費増大に対しては、地方自治体レベルでは手に負えず、国家レベルでの取り組みが必要になってきたといえます。
一般的に、日本の医療機関では、受診者の負担は、多くても3割負担となっており、その残りの金額は、国家が負担するというかたちで成り立っているとされています。
高齢者が増えることにより、国の負担は増え、もはやこのままでは、消費増税でも間に合わないほどに膨れ上がるとの危機感をあらわにしています。
同様に、医療機関を受診した際に渡される薬についても、深刻な状況ということができます。
薬剤師が盛んにジェネリックを勧めるのも理解できます。
医療費を少しでも抑えたいという理由からだったのです。
ジェネリック医薬品が新薬よりも、安価に抑えられているのは、効き目が悪いからではありません。
新薬とは違い、後発医薬品だからです。
ですから、効き目等は遜色はないとされ、日本でも積極的に使われるようになってきました。
今後においても医療関係の出費が増えることは、誰でも容易に想像できます。
一人一人の心がけが重要になってくるといえます。