ジェネリック医薬品の普及率

ジェネリック医薬品とは、後発医薬品と言い医薬品の有効成分の特許が切れた医薬品を、製薬会社が製造・供給するものを指します。
日本ではこのような医薬品は従来あまり受け入れられておらず普及率も決して高くなかったわけですが、最近ではその風潮も変化しつつあり厚生労働省のもと、その普及に向けて各種施策が考案されているところです。
日本であまりジェネリック医薬品が普及してこなかった理由の1つに先発医薬品と比較した場合にその効果や安全性の面で医師や薬剤師の反対があったことが挙げられます。
翻って世界、とりわけ先進国の間ではどれほど普及しているのかと言うと、アメリカやイギリスと言った先進国では普及率が60%超と日本に比べて非常に高いことが分かっています。
ジェネリック医薬品は医療費の節約につながるというメリットもあるものの特許権など知的財産権の見地からは先発医薬品の製造メーカーにとっては、それらが侵害される虞もあるという問題点があります。
そのため訴訟沙汰になることも珍しくなくその取り扱いには慎重さが要求されます。
このようにジェネリック医薬品については薬自体の効果のみならず、商標権、知的財産権のように先発医薬品メーカーにとっても弊害が生じる虞があり今後の政府や医師らの対応に注目する必要があると考えられます。