ジェネリック医薬品への誤解、不信感は根強い

医師が処方してくれる薬というものは、通常、その場で薬を渡されるのではなくて、その医師の作成した処方箋を受け取って院内の専用窓口へ行ったり、または病院の近くの薬局などで買い求めることになります。

ところで同じ効能の薬でも、薬には通常の医薬品とジェネリック医薬品とがあります。
もちろん医師も、そのことを十分に承知しています。
そして患者に最適なほうを選んで処方してくれているのです。

しかし数多くの患者の中には、時々、ジェネリック医薬品とは古くて効き目の弱い薬ではないのかと誤解していることがあります。
そうした不信感は、患者によっては実に根強いものがあります。
実際、薬局などで薬を買い求める際に、「ジェネリック医薬品は止めて欲しい」と申し出る患者もいるのです。

ただし、ジェネリックではない医薬品は、ジェネリック医薬品よりも少し割高になる場合が多いものです。
それゆえ、好んでジェネリック医薬品を愛用する患者も多いのも間違いありません。

しかし根強い不信感を持つ患者は、「ジェネリック医薬品が安いのは、それだけ品質が低い証拠ではないのか」と思うこともあるのです。
もちろんそれは完全な誤解なのですが、その誤解を解くのは、非常に難しいのが現状です。

ジェネリック医薬品は積極的に購入しましょう

ジェネリック医薬品の積極的購入は国としての医療費の予算オーバーに伴って、医師に経済的なペナルティが課せられる様になった為、ジェネリック医薬品の積極的な導入を進めて行く方針となった病院も少なくない様です。

患者としても効果が同じで、安いのであれば問題なくジェネリック医薬品でも服用する事に抵抗はありません。
こう言った所も考えてジェネリック医薬品の積極的購入を行う医療機関も増えている事となっている様です。

勿論市販されている薬の方でなければ、効果や副作用が出やすいと言った所があれば、やはり患者さんが優先として一番考えなければいけない所であり、そう言った患者さんの状況も副作用や効能に問題なければ、ジェネリック医薬品に切り替えていく事も検討していく様な状況となっています。
厚生労働省の働きかけも当然ありますが、薬や資源の無駄などを出来るだけ無くす為にも、こうした取り組みに積極的出なければいけませんし、患者さんもお医者さんもどちらも潤う状況であれば、やはりジェネリック医薬品の積極的導入に関してはとても良い試みとなります。
医療費を下げる為にも国の取り組みと患者さんもお医者さんも一帯となって協力していく事が望まれます。