ミカルディス服用と生活習慣病治療と痴呆症の予防

ミカルディスはアンギオテンシンレセプターブロッカー(ARB)と呼ばれる降圧剤です。この有効成分テルミサルタンは副腎皮質のアンギオテンシンAT1レセプターを阻害することで、そのアゴニストであるアンギオテンシンIIの作用を阻害し、その結果として起こる血管拡張や血流量減少により降圧作用を発揮します。ミカルディスは副作用、飲み合わせの問題が少なく、安全面に優れています。また高血圧の代償となる心臓や腎臓の機能不全を予防する臓器保護作用も有しています。
またミカルディスは動脈硬化に対して効果を発揮します。動脈硬化は高血圧の他に糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病が原因となって起こります。動脈硬化になると血管は固くなり、柔軟性を失い、環境変化に対する血圧の順応性が低下していくようになります。ミカルディスとカルシウムブロッカーとの動脈硬化改善効果を比較した時ミカルディスの方が有意に動脈硬化を改善します。しかし動脈硬化の改善には高血圧だけでなく他の生活習慣病の治療を行うことも重要です。
また、動脈硬化は脳梗塞、頭蓋内出血などの脳血管疾患を引き起こし、脳血管性痴呆症となる場合があります。脳血管性痴呆症は治ることはなく予防することが大切な疾患です。脳血管性痴呆症にならないためにも生活習慣病の治療を総合的に行うようにしましょう。
またミカルディスは糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病の治療を同時に行う場合の高血圧治療には向いている薬と言えます。その理由の1つとして、前述の通り他剤との併用において飲み合わせの問題がないことです。さらに糖尿病の場合には腎機能低下が起こりやすく、その腎機能を保護する働きがあるミカルディスは有益な薬と言えます。